団体指定助成



団体指定助成とは…

団体が計画した事業に対し、助成を行います。
団体は、事業を計画し寄付を募ることができます。
寄付者は団体を指定して寄付ができます。

指定された団体が計画した事業に対し助成をおこないます。

  • canpan★3つ以上の団体が対象です
  • ふじのくに未来財団が寄付集めのお手伝いをします
(郵便払込用紙付リーフレットの提供)

図_団体指定助成とは

対象
※事業公募はしません。
1.団体指定の寄付金をいただく場合
2.団体が当財団を活用して団体指定の寄付金をファンドレイジングする場合
応募資格
説明する枠_1
静岡県内の社会課題解決に
取り組む活動、または団体(法人格は問いません)
説明する枠_2
canpanの情報開示レベル★3つ以上
説明する枠_3
NPO法人は所轄庁への事業報告書を提出していること

金額助成運営費(基本2割、団体の資金調達力により変更有)を除いた金額
募集随時
選考書面審査にて選考。団体に通知、HP等で公開
実施フロー
233
事業実施ガイド
230
報告書作成ガイド
231


助成事業の流れ(団体指定)

アイコン1
事業申請(事業計画書・
収入支出計画表
※申請前には必ずご相談ください
説明する枠_2
応募資格確認(canpan登録等)
アイコン3
書類審査
団体支援アイコン4
採択通知、資金状況調べ
(様式第5号)、交付申請書(様式第4号)、事業スケジュール(様式第8号)
助成金説明5
交付申請決定通知書(様式第9号)
助成金説明6
事業実施、進歩確認
※変更の場合、変更承認申請(様式第11号)、

団体指定変更事業計画書(様式6-2号)、変更収入支出計画表(様式7号)
アイコン8
事業完了、報告書(様式第13,14,15号)提出
テーマ指定説明8
報告会(11月ごろ、A1ポスター作成)
138 ふじのくに未来財団助成事業交付要綱
138 ふじのくに未来財団助成事業実施要綱
138 ふじのくに未来財団助成事業実施要領


 応募方法

138 団体指定事業計画書(様式第1-2号)
138 収入支出計画表(様式第2号)

交付決定~実施中の書式

交付申請
138 団体指定交付申請書(様式第4号)
138 資金状況調べ(様式第5号)
138 事業スケジュール表(様式8号)

事業変更時
138 活動計画等変更承認申請書(様式第11号)
138 団体指定変更事業計画書(様式6-2号)
138 変更収入支出計画表(様式7号)

事業辞退時
138 辞退承認申請書(様式10号)

実施後の報告書式
138 団体指定事業実績報告書(様式第13号)
138 団体指定事業実績書(様式第14号)
138 団体指定収支決算書(様式15号)



2018年度アイコン2016年度アイコン2015年度アイコン



【2018年度】団体指定助成

団体支援キャンペーンバナー最新


花_画像 袋井市 地域防災力向上事業

進行中 進行中

団体名
特定非営利活動法人 静岡県災害支援隊
情報公開度
★★★
事業拠点 袋井市
事業概要
震災発生時に大きな課題となるトイレの問題を少しでも解決すべく、袋井市の全自治会連合会、自治会、社会福祉協議会等へ約2,000台の防災用携帯トイレを寄贈し配布する。
事業費
600,000 円
助成金額
459,000
事業実施期間2018年 8月 1日~2018年 8月31日
選考委員会の講評    
熊本地震の際、実際に被災地を歩いてみて、非常時のトイレの問題を痛感したので、事業の必要性はたいへん評価できます。非常用トイレの必要性、被災時の使い方なども強調してください。




花_画像 
特殊詐欺被害をなくす官企民連携「みーちゃんによるオレオレバスターズ」

進行中 進行中

団体名
NPO法人丸子まちづくり協議会
情報公開度
★★★★★
事業拠点 静岡市
事業概要
電話によるオレオレ詐欺をはじめとする特殊詐欺は、被害者の自殺まで引き起こす許しがたい犯罪であり、警察は啓蒙活動を展開しているが被害は増加している。
被害をなくすために地域住民が主体となり、企業及び警察の支援を受けて、被害防止用に作成された人形「あんしんみーちゃん」を活用した防止対策と、
啓蒙活動を試行し、電話やハガキなどの件数調査とアンケート調査を行うものである。
なお、試行結果をもとに県内各地に水平展開出来るよう情報開示します。
事業費
203,250 円
助成金額
200,000
事業実施期間2018年 5月~2018年 10月



花_画像 新規開設の子育て支援ひろば「ここみの森」における
   子どもの意欲と想像力を育む環境づくり


進行中 進行中

団体名
浜松の未来を育てる会
情報公開度
★★★★
事業拠点 浜松市
事業概要
目的:2018年10月から浜松市浜北区に浜松市委託子育て支援ひろば「ここみの森」(浜北区中瀬)を新規開設し、子どもの意欲と想像力を育む環境づくりを行う。
対象:妊婦さんや子育て中の親子(概ね3歳未満の乳幼児とその保護者)、祖父母
事業内容:浜松市では「子育て支援ひろばは妊婦さんや子育て中の親子が気軽に集い、仲間づくりができる場所です。子育ての知識や経験を有するスタッフが常駐し、遊びや子育て情報の提供、育児相談などを行う。」と定義している。
当会では虐待予防、産後うつ予防と予防的支援の場ととらえ、妊婦や親子をサポートするとともに、子どもの健やかな成長をサポートするため子どもの意欲と想像力をはぐくむ環境設定に力を入れている。
事業費
3,389,494 円
助成金額
90,000
事業実施期間2018年 9月 1日~2019年 3月31日
選考委員会の講評    この団体は十分な活動実績もあり、任せられると思います。地道な活動ですが、頑張っていただきたいと思います。



【2016年度】団体指定助成


1.団体指定寄付をいただきました。

静岡県遊技業協同組合(葉山勝之理事長)による団体支援寄付先が決まりました。
団体支援寄付_画像
  2016年5月20日 寄付贈呈式

花_画像  熊本に災害用トイレを2,000台送るプロジェクト
dantaijyosei_h28長浜福祉会館

団体名
特定非営利活動法人静岡県災害支援隊
情報公開度
★★★
事業拠点袋井市
寄付額
1,100,000 円
助成額
900,000 円
事業概要
平成28年熊本地震で災害にあわれ、在宅並びに車に避難している被災者の皆様に災害用トイレを届け、エコノミークラス症候群の発生の抑制に寄与する。



2.団体指定寄付をファンドレイジングしました

花_画像 アフガニスタンの女性に安全な【夜間の出産】を届けよう!
アフガニスタン女性(15歳以上)の「生涯に妊娠・出産で死亡するリスク」は49人あたり1人
(出典:ユニセフ世界子供白書2015)と、日本の約247倍です。医師や助産師など、専門技能者
が付き添う出産が39%と低い事も、このリスクを高めています。
カレーズの会が運営するカンダハール診療所では、2015年8月より試験的に【夜間の出産】に取
り組んでおり、診療所で生まれる赤ちゃんの約30%が夜の時間帯に生まれています。
助産師さんの介助を受けてアフガニスタンの女性が安心して夜間も赤ちゃんを産めるよう、
2016年の活動資金を、この寄付月間を通じて確保したいと考えています。

カレーズの会_画像カレーズの会_画像1

団体名
特定非営利活動法人カレーズの会
情報公開度
★★★★
事業拠点静岡市
目標金額
1,500,000 円
(内訳:人件費(助産師等 80万円、消耗品 30万円、医薬品 20万円、分娩室維持費 20万円)
助成額
468,900 円(2016年12月10日現在)
※他の助成金等も活用しながらファンドレイジングし、事業を実施しています。
事業概要
2016年の年間を通じて、カレーズの会カンダハール診療所の【夜間の出産活動】に充てられ、交替で夜勤にあたる助産師やアシスタントの人件費、出産前後に不可欠な消耗品や医薬品の購入費用等に使われます。



【2015年度】団体指定助成

logo

2015年度「小さな親切」運動静岡県本部による団体支援先が決定しました。

花_画像 「学校・公園のシンボルツリーを守ろう!プロジェクト」
JYUMOKUIKIIKI_1JYUMOKUIKIIKI_2
団体名
特定非営利活動法人樹木いきいきプロジェクト
情報公開度
★★★
事業拠点富士市
目標金額
300,000 円
助成額
270,000 円
事業概要
津波被災地で海水をかぶり塩害を受けた土地に塩害対策を施し、再び緑を取り戻すための事業。



花_画像 デートDV予防啓発のための支援者養成講座

150701_沼津高専04150701_沼津高専23
団体名
特定非営利活動法人Safety First 静岡
情報公開度
★★★
事業拠点静岡市
目標金額
200,000 円
助成額
180,000 円
事業概要
デートDVを防止するために、デートDV防止サポーター養成講座を行う


ページ先頭へ戻る
ページ先頭へ戻る
公益財団法人ふじのくに未来財団
〒422-8076 静岡市駿河区八幡1丁目2-21 KKビル101 
TEL:054-665-8005 FAX:054-333-5481