トップページ > 助成を受けたい > 冠基金助成(弥栄(いやさか)基金)


冠基金助成】弥栄(いやさか)基金

「弥栄(いやさか)基金」とは?

弥栄(いやさか)基金とは、
「地域に貢献したい。小規模で誠実な活動を行っている団体の力になりたい。」
という故人(匿名希望)の公正証書遺言に基づき、
その遺言執行人一般社団法人しんきん成年後見サポート沼津(代表理事 杉﨑 弘尚)より
公益財団法人ふじのくに未来財団へ贈られた遺贈寄付1,000万円を原資とした基金です。

遺言書の最後には遺贈寄付を受けていただける方に向け
「弥栄ましませ」という言葉を使われていたことから「弥栄基金」と名付けられました。
「弥栄」には、ますます繁栄することを願い、高らかに声を上げ万歳と叫ぶ 
などという意味が込められています。





 


【2022年度】助成事業 ボタン募集期間終了


寄付者
匿名(遺贈寄付・一般社団法人しんきん成年後見サポート沼津を通したご寄付)
応募資格
説明する枠_1
テーマ:下記に掲載
説明する枠_2
canpanの情報開示レベル ★3つ以上
説明する枠_3
NPO法人は所轄庁への報告義務を果たしていること

静岡県東部(沼津市、三島市、御殿場市、裾野市、小山町、清水町、長泉町等)において行われる以下のいずれかの活動
 ①高齢者の福祉増進に寄与する活動
 ②子どもの居場所運営等の子育て支援や青少年育成に関する活動
 ③動物愛護活動
 ④その他 地域の活性化に関する活動

金額
助成総額 2,000,000
事業費の8割を上限として助成
公募期間
2022年 4月 25日(月)~ 2022年 6月 17日(金)17:00書類必着
                  (メール・FAXまたは郵送必着)

2022年6月10日(金)までに事前相談・書類の事前チェックを受けること。
 
事前相談は完全予約制です(オンライン可)。必ず事前にご連絡ください。
   連絡先 ふじのくに未来財団(ふじのくにNPO活動支援センター内)
   TEL:054-260-7601
※事前相談・書類事前チェックとは? →よくある質問をご参照ください
選考
選考委員会で選考
選考方法
書面審査、
プレゼン審査
(オンラインで行います)
日程:2022年 8月 4日(木) 13:30~
 (※5/18更新 日程が確定しました)

注意事項
  • 現在助成中の団体、また以前助成を受けていて報告書の提出まで完了していない団体は申請できません。
  • 申請は1団体につき1事業までです。
    同時に募集している他のテーマ・基金に申請することもできません。
  • 本助成事業によって新型コロナウイルス等の感染が拡大してしまうことのないように、安全には十分配慮して活動を行ってください。
  • 必ず募集要項をよくご確認ください
募集要項
2022年度第1回 募集要項(PDF)
別紙 助成表示について(PDF)
申請書類
事業計画書(様式第1-1号)(Word) ・事業計画書記載例(PDF)
収入支出計画表(様式第2号)(Excel)収入支出計画表記載例(PDF)
※申請書類をメールで提出する際は、PDFなどにせずそのままお送りください
その他
申請について よくある質問 ※必ずご確認ください。

138 ふじのくに未来財団助成事業費助成金交付要綱(PDF)
138
ふじのくに未来財団助成事業実施要綱(PDF)
138 ふじのくに未来財団助成事業実施要領(PDF)




助成事業の流れ(冠基金助成)

アイコン1
事業申請(事業計画書・収支予算書)
※申請前には必ず面談と申請書類の事前チェックを受けてください。
説明する枠_2
応募資格確認(canpan登録等)
アイコン3
書類審査
公開プレゼンテーション審査

アイコン4
採択通知書交付(様式第3-2号)
アイコン5
採択通知、交付申請書(様式第4号)、事業スケジュール表(様式第8号)
アイコン6
交付決定通知書(様式第9号)

アイコンnew7
事業実施、進捗確認
※変更の場合、
変更承認申請(様式第11号)と財団の指定する書類を提出
アイコン8
事業完了、
報告書(様式第13,14,15号)提出

アイコン9
報告会(11月ごろ、プレゼン資料作成)

選考委員



助成先選考結果

第1回選考委員会(プレゼンテーション選考)

日時  2022年 8月 4日(木)
 13:30~17:00
 会場  Zoom
 応募件数  5事業
 書面審査対象数  5事業
 選考対象数  3事業
 採択件数  3事業


採択事業


花_画像 お空っこ家族のグリーフケア  sdg_logo_3sdg_logo_4

進行中 進行中

団体名
Mallow~お空の天使を想う会~
情報公開度
★★★
事業拠点 御殿場市
事業概要
流産・死産・人工流産(中絶)・新生児死を経験された方へのケアや行政や医療機関と連携し切れ目のない支援やグリーフケアの周知・ケアの向上を行う。
事業費
974,314
助成金額
779,000
事業実施期間 2022年 9月 1日~2023年 3月 31日
選考委員会の講評グリーフケアには新しい社会的なニーズがあると思いますし、団体の活動に込める熱い想いも理解できました。申請事業の目的は周知といのちの講話が中心になっていますが、社会的認知度を高めるためにもグリーフケアの明確な定義づけと、事業の必要性と正当性を客観的にわかりやすく説明できるようにしてください。



花_画像
飼い主のいない猫 及び 高齢者の動物問題に取り組む  sdg_logo_17

進行中 進行中

団体名
動物ノート
情報公開度
★★★
事業拠点 沼津市
事業概要
沼津市において2021年度に達成した、保健所による殺処分ゼロを継続し、飼い主のいない猫への不妊手術事業を更に進める。その為に、2021年度より環境省の策定した新しいプロジェクト「多頭飼育ガイドライン」に基づき、介護関連業種の方や行政と連携し「高齢者の動物問題」への取り組みを開始する。今までは、高齢者の問題と動物の問題は全く縦割りだった為、上手く機能しなかった施策である為、県東部では当会のみが動いている、革新的取り組みである。
事業費
650,000 円
助成金額
500,000
事業実施期間 2022年 8月 31日~2023年 5月 31日
選考委員会の講評多頭飼育崩壊や高齢者の飼育問題は、動物愛護に留まらず福祉の問題でもあるといえます。ボランティア活動には金銭的にも精神的にも限界があります。コミュニティの中で行政や様々な団体と連携して活動を進めていってください。



花_画像 あひるBOOK CLUB  ~青少年にもっと本を身近に感じてもらおう~  sdg_logo_4


進行中 進行中

団体名
一般社団法人ママとね
情報公開度
★★★
事業拠点 三島市
事業概要
主に三島市の本好きな小学生から高校生を対象とし、当団体が企画運営する私設図書館「あひる図書館」の、青少年層における認知度および利用度をあげることにより、本を通した青少年の健全育成および、地域の青少年のサードプレイスの一つとなることを目的とする。
事業費
1,372,332 円
助成金額
763,000
事業実施期間 2022年 9月 1日~2023年 8月 31日
選考委員会の講評図書館でイベントを行うという内容は興味深いと思います。中高生の利用率を上げて、ぜひサードプレイスになるように働きかけていってください。一方で、三島市を中心とした事業なのにサイト制作費や動画配信費の割合が高く感じられたため、減額採択とします。まずはそれ以外の事業をしっかり進めていってください。


ページ先頭へ戻る
ページ先頭へ戻る
公益財団法人ふじのくに未来財団
〒422-8076 静岡市駿河区八幡1丁目2-21 KKビル101 
TEL:054-665-8005 FAX:054-333-5481